コメリ

ホームセンターは強い味方


DIYにしてもセルフリノベーションにしてもホームセンターは無くてはならない存在です。

全国各地にいろんなホームセンターがあると思いますが、うちの近くにあるのはコメリ

車で15分くらいの距離に小規模店舗のコメリ

別方向に車で20分ちょっとかけると中規模店舗のコメリ

35分くらいかけると資材館がある大規模店舗のコメリ

コメリコメリコメリ。

やっぱり田舎の買い物の味方と言えばコメリですよね?

まあ、他にはカインズホーム、ムサシ、ケーヨーデイツー等もありますが少し遠い。


セルフリノベーションを本格的に行うためには、工具や資材を相当揃える必要があります。

いくつかのホームセンターを使い分け、楽天の通販も使って調達をする予定ではありますが

お得意様みたな感じで担当の方と顔見知りになって、資材とかの相談が出来るような

ホームセンターがあれば心強いと考えました。

私の作業は(時々お助けが来るけど)基本一人でやりますから

どう直そうか、どんな資材を使おうか、一人で悶々と考えてしまいます。

相談出来る人がホームセンターに居るのは絶対良いはず。


ということで、どこを『行きつけのホームセンター(笑)』にするか考えました。


資材の品ぞろえは当然、構造材等の資材購入には1トントラックのレンタルが必要。

片道30分を超えるところでは、トラック1時間レンタルじゃ済まないし。

資材コーナーに専門のスタッフさんが居ないと。

とか色々考慮した結果、中規模店舗の立科店に基本的にお世話になる事にしました。

コメリ ハード&グリーン立科店

正直に言うと、中規模店舗という事で品ぞろえは圧倒的とはいきませんが、

素人が思いつく程度の資材はおよそ揃いますからほとんど困る事は無いでしょう。

で、私は最初から半ば強引にお得意様になるべく、直接店舗に挨拶しに行きました。

「今度古民家をセルフリノベーションするんですが、コメリ立科店さんに色々お世話になりたくて、ご相談させてい頂いたりトラック借りたりしたい。よろしくお願いします。」

みたいな感じで。

「あっそ。はいはい。よろしく。」みたいな対応を受けるかなぁと思っていたのですが、

意外にも店長さんも、資材担当の田中さんも非常に快く対応して頂いて

「古民家再生良いですね。何でも聞いてくださいね。」 と。

資材担当の田中さんは、最近関西から移住されてきた方で

長くホームセンターの資材担当をしてきたそうで、とっても資材に詳しい。

セルフビルドをするくらい建築の知識も豊富で心強い味方になってもらえそうです。


ご挨拶から少し期間が空いて、最近やっと本格的な資材購入を開始したのですが

最初から資材カウンターに私専用のファイルが用意されていました。

「○○工務店様」みたいなやつ。

「えんの家 西村様」って。


『行きつけのホームセンター(笑)』作戦大成功。

まだ何も買っていないのにお得意様みたいだ!

なんか嬉しくなってしまいました。

今後、本格的にお世話になろうと思います!


今日はここまで。


古民家カフェダイニング えんの家

長野県小県郡長和町 旧中山道の街道沿いの古民家をセルフリノベーションした飲食店です。 自家製ローストビーフ・ローストポーク・ベーコンをはじめ、ジビエ(鹿肉)の提供もしております。 営業時間10:30~17:30 夜の営業は17:30~予約営業のみ。 ご予約はお電話で 0268-71-6487

0コメント

  • 1000 / 1000